Make your own free website on Tripod.com

邪馬台国の謎

私の古代史‐これはこう考える。

日本が倭国と呼ばれていた頃、すなわち2,3世紀から5,6世紀までの古代史について
自説、他説とりまぜて、邪馬台国のこととか三角縁神獣鏡の謎にせまろうと思います。
一度、読んでみてください。
このホームページでは魏志倭人伝や風土記などに書かれている内容、あるいは考古学
による発掘結果をもとに古代史の謎を説き明かして行こうと思います。

従来、邪馬台国論争では大和説の方には邪馬台国が後の大和政権となったという
論調が多く、九州説の方の場合には邪馬台国が東遷したいうような論調となっている
ものが多かったようです。

私の説では、.......... 。  ここから先は本文をお読み下さい。

魏志倭人伝の書かれた裏事情


古事記や日本書記などのわが国の歴史書が7,8世紀における大和政権の
政治的意思を反映して書かれたものであることは良くいわれていますよネ。

一方、魏志倭人伝については外国(中国)で書かれた書であることもあり
一般には客観的に3世紀の日本のことを正しく記述していると言われています。

しかし、魏志倭人伝は本当に当時の日本のことを客観的に書いたものなの
でしょうか? 古事記や日本書記などを書いた7,8世紀の日本人に政治的
意思が働いていたように魏志倭人伝を書いた4世紀の中国人にも彼等なりの
政治的意思は働いていなかったのでしょうか?


魏志倭人伝が書かれたのは魏の次の王朝で、晋という王朝のことだったそうです。

魏志倭人伝が載っている三国志の著者は晋王朝に仕える陳寿という人です。

晋という王朝は司馬氏が建てた王朝ですが、この司馬氏はもと魏に使えていた役人で、
公孫氏を滅ぼした後、倭国の卑弥呼を魏に招へいしたということです。

その司馬氏が晋王朝を建てた訳ですから、晋に仕える陳寿としてはかなり気を
使って魏志倭人伝を書いたことと思います。
(なぜって、ご主君・司馬様のご事跡をかりそめにも軽く書いたりすると
陳寿自身の命にかかわることになるからです。)

魏王朝の時代、魏の役人だった司馬氏には政敵がいて、その政敵は大月氏という
西方の異民族の王に親魏大月氏王という金印を与えています。
卑弥呼が親魏倭王の金印を貰うちょっと前のことです。

司馬氏としてはこれと張り合うという意味からもどうしても東国の王を
魏に招へいする必要があったのです。状況が状況だけに敵でなければ、どんな田舎もの
でも構わなかったのかもしれません。(余計なコメントを付けてしまいましたが...)

司馬氏としては手っ取り早く「大月氏」と並ぶ「東方の王」をつくり出す
ために、朝鮮半島から南にすぐの所(九州北部)にいて、ちょうどクナ国との
戦いで強い味方を必要としていた「卑弥呼」を懐柔し、これに「親魏倭王」
というハクをつけて、政敵の「親魏大月氏王」を連れてきた政敵と対抗した
のかもしれません。

倭国には大和に本当の倭王(初期の大和政権)があったにもかかわらずです。
(なんという 政治的な策動なのでしょう)

卑弥呼が魏に招へいされ、おそれ多くも魏の皇帝から親しく親魏倭王という
金印を拝領した背景には魏国内におけるこうした政治的駆け引きがあったと
思われます。(あくまで想像の産物ですが.....)

魏志倭人伝に卑弥呼が倭国の女王と描かれていることや魏が卑弥呼に対し
親魏和王の金印を下付したことの背景には中国側(司馬氏)のこうした内部
事情があったのです。(ナ、ナントそうだったのか !!!)

こうした事情を考慮にいれて魏志倭人伝を読み直してみると、女王卑弥呼は
はたして女王だったのかな? という気もしてきます。
(ホントは後に土蜘蛛と呼ばれる土豪勢力の媛だったりして。 ア〜。また
 余計なことを書いてしまった。)

親魏倭王の金印も司馬氏の政治的な駆け引きの道具に過ぎなかったのかも知れませんネ。

こんなことを書くと、倭国の連合王朝・邪馬台国の女王にして魏皇帝より
親しく親魏倭王の金印紫綬を拝領した大御神(おおみかみ)卑弥呼の御名を
汚すものとして、女王様の信奉者の方々からお叱りのお言葉が山と届くような
気もしますが、みなさん、この説はいかがでしょうか?

(本文章はあくまでも古代史の謎を解くという目的のために書かれていて、現代
 におけるあらゆる事象とは何ら関係のないものであることを申し添えておきます。
 誤解のないようにお願い致します。)

魏志倭人伝を最初に読んだ日本人



 魏志倭人伝を最初に読んだ日本人についてお話したいと思います。

三国史の書かれた当時は印刷技術も未発達でしたし、そもそも、三国史自体が
他人に読ませるというより、前王朝の歴史を現王朝(晋)の見方(史観)でまとめ、
現王朝(晋)の正当性を主張するという目的で書かれたことと思いますので、
少なくとも邪馬台国の人達には読む機会はなかったのではないでしようか?
(たとえ、邪馬台国の人が漢字を読めたとしてもです。)

ということで、倭人が魏志倭人伝を初めて読んだのは中国の色々な歴史書に
魏志倭人伝が引用されたり、写本などが進んだずっと後のことではないかと
思います。 たぶん、稗田の阿礼の頃に近いのではないでしょうか?

ということで、日本人が初めて魏志倭人伝を読んだ時には、卑弥呼はだれなのか
本当に分からなくなっていたのではないかと思います。

(特に、今の私の考えでは九州地域にあった邪馬台国の後裔はのちに景行天皇
たちにより孅滅されることになっていますので、7,8世紀の大和政権の構成メンバー
には、全く、卑弥呼の記憶はなかったと思います。そういう訳で日本書記を書く段
になって、魏志倭人伝を参考文献として読んだ人たちは卑弥呼が神功皇后では
ないかと勝手に思い込んだのではないでしょうか? )


聖徳太子の頃にはたぶん魏志倭人伝を読む機会もあったと思いますので
これを読んだ舎人か誰かが、「太子、魏志倭人伝にはひどいことが書いてありますよ」
とか何とか上奏したのではないかと思います。それで、聖徳太子は「日出る国の天子」
などという言い回しを考えたのかもしれませんネ。

中国の歴史書に長々と倭国のことが出てくるのは唯一、「魏志倭人伝」だけです。
あとは出てきても、一行か、「魏志倭人伝」の引用です。これは、なぜでしよう?

魏志倭人伝を書いた王朝(晋)の陳寿にとって晋の王と倭国の邪馬台国の特殊な
関係が明瞭に意識されていたからではないでしょうか。ということは、著者である
陳寿としても内容を正確に書くというより、晋の王となった「司馬氏」にヨイショ
するように筆の先をなめなめ書いたことは容易に想像できます。

たとえば、邪馬台国が朝鮮半島のすぐ南にあってはまずいと考えたと思います。
邪馬台国は大月氏国と同じくらい遠方にある必要があったのです。それでこそ、
卑弥呼の使者を招へいした「司馬氏」の働きが輝くというものてしょう。それが、
水行30日陸行20日の表現になったと思います。ホントは水行3日陸行2日では
なかったでしょうか?

こうした陳寿の「司馬氏」に対する「へつらい心」は色々な箇所に出てきています。
たとえば、卑弥呼の死後、多くの殉死者を埋葬した話とか、倭国にあったとされる
名前だけの多くの諸国とかです。

私は魏志倭人伝以外に古代の倭国を詳しく書き記した中国の歴史書がないことが
陳寿のおかれた特殊な環境を如実に物語っていると思います。

ということは、やはり、邪馬台国はある意味で虚像であったということではない
でしようか?

邪馬台国のことが詳しく出ているのは陳寿の著書だけだという
点が特に気になります。北九州諸国は何回も漢に朝貢して漢鏡をたくさん拝領
しているというのに、後漢書などでの扱いはたったの一行程度だったと思います。

魏志倭人伝の後もずっと中国の歴史書からは無視され続けて、なんと可愛そうな
「倭国ちゃん」なんでしょう。こうした状況下で陳寿さんだけが、親しみをこめて
辺境の「倭国ちゃん」のことを詳しく詳しく紹介してくれているのです。

秦の始皇帝の墳丘よりも面積的には大きい御稜を誇る仁徳天皇でさえ、
「珍」とか「讃」とかいうシナ人風の名前を付けられて、「讃が朝貢して来た」
程度の軽る〜い扱いなのです。仁徳天皇が「珍」とか「讃」とかであったかと
いう点も大いに疑問ではありますが.......。

それを陳寿さんときたら、「九州・土蜘蛛の女酋の国だった」かもしれない程度
の邪馬台国に「邪」という卑字は使っているものの「台」という晴れがましい字
まで使って下さっているのです。
(「台」という字は現在でも韓国の「青瓦台(せいがだい)」などとして使われて
いる貴い字だと思います。)

なにか変だナとは思われませんか?


風土記に登場する九州地域の土蜘蛛たち


中部九州地域には古代のある時点(景行天皇の時代)に「土蜘蛛族」と
呼ばれる人たちが住んでいたことは風土記等の伝えるところです。
その特徴は男王ではなく「○○媛」という女酋がいたという点でしょう。

卑弥呼が九州にいたのか大和にいたのかは今だ「謎」ですが、仮に、九州にいた
とすると、たぶん吉野ケ里遺跡のような所に住んでいたのではないかと思います。
魏志倭人伝にもそうした状況が記載されていますよネ。(もちろん、魏志倭人伝には
九州とは書かれていませんが....)


北部九州と中部九州の連合体である邪馬台国の卑弥呼たちが地域的にも接近した
クナ国との間に展開した長年にわたる戦争に疲弊した頃、それはちょうど古墳
時代の始まりのころではなかったかと思うのですが、大和の王(景行天皇)たち は今は「魏」という後ろ楯のない邪馬台国に攻め込み、各地に割拠する「○○媛」達の
居城を虱(しらみ)潰しに殱滅していったのではないでしようか?

これが景行天皇たちの九州遠征の伝承となったことは容易に想像できます。

初期の古墳時代になって勢力をつけた初期大和政権の王はかって邪馬台国
として栄光を誇った「○○媛」達、中北部九州地域のまつろわぬ人々に対し、「土蜘蛛族」
という呼称をつけ、南部九州地域の諸王に対しては「くまそ」という呼び名をつけて、
各々、討伐の対象としたとも考えられます。

 風土記の原文には女酋とは出ていませんが、たとえば、角川文庫の風土記
に掲載されている豊後国風土記の速見の郡(こおり)などには「女酋」
という標題が注の部分に記載されています。

同じく豊後国風土記の日田の郡の五馬山という所には五馬(いつま)媛という
女性の土蜘蛛がいたとあります。ここなどは魏志倭人伝に出てくる投馬(ツマ)
国と語呂が似ているとはおもわれませんか?

魏志倭人伝に出てくる末廬国と思われる肥前松浦郡賀周の里にも
土蜘蛛がいたと風土記にあります。
末廬国にも土蜘蛛がいたんですね。

面白いことに、同じく肥前松浦郡の値嘉の郷(ちかのさと)には、ここは離島
なのですが、名前がなんと「大耳(おおみみ)」「垂耳(たるみみ)」と
いう名前の土蜘蛛がいたと書かれています。 この2人の名前は魏志倭人伝
の投馬国の「官」であった弥弥(みみ)や「副官」であった弥弥那利(みみなり)
を連想させる名前だとは思われませんか?

土蜘蛛には偽物もいたようで、まねる人もいたのですね。(これは
古事記に出ている近畿地方の偽の土蜘蛛のことです。まねをした人は殺されたと
いうことです。土蜘蛛のまねをして何か良いことがあったんでしょうか?)


 神代の事もこと細かく記述されている古事記や日本書紀が卑弥呼に
ついて何ら直接的な言及をしていないのは、7,8世紀における一種の国粋主義(?)
的な思考形態も影響しているとは思いますが、何といっても7,8世紀
の大和政権を構成する人々の中に卑弥呼についての記憶や「私は卑弥呼
から数えて7代目だ。」等というような系図的な伝承が欠落していたから
ではないでしようか?

となると、卑弥呼の子孫たちはやはり土蜘蛛族の「媛」として景行天皇
たちによって滅ぼされてしまったのではないかとも思われます。


三角縁神獣鏡の謎


 鏡というものは弥生時代には朝貢などで北部九州地域の王たちが漢から10枚程度
もらって来て死後、カメ棺に入れたりしていたものだと思いますが、古墳時代になると
全国的に古墳が多数作られるようになり、その葬儀に多数の鏡が必要となった
んだと思います。

つまり、カメ棺にいれていた頃に比べて、量的に何倍、あるいは何十倍もの
鏡が必要になったわけです。ところが、中国では漢のような統一王朝は絶えて
久しいため朝貢もままならず、5世紀になると朝鮮半島では新羅の勢力が拡大
するなどして、鏡の入手も容易でない状況になったんですね。

三角縁神獣鏡の発掘品が500枚あるということは未発掘のものや古い時代に
盗堀されて、奈良の大仏の原料となってしまったもの等を入れると何千枚もの
三角縁神獣鏡が作られたのではないかと思います。

大和で三角縁神獣鏡縁が多数でるのは景行天皇たちが九州にあった邪馬台国を
滅ぼした際の戦利品に卑弥呼が魏よりもらった鏡が多数(約100枚)あったため、
この戦利品を戦勝記念に複製して多数の鏡を作ったのだと思います。

九州にあった邪馬台国の卑弥呼たちにとっては魏より拝領した朝貢の記念の鏡であったと
思いますが、邪馬台国を孅滅し、大和に凱旋した景行天皇たちにとっては土蜘蛛退治
の記念品だったというわけです。ですから、景初等の年号の入った鏡も重要性は
なく、小さい古墳から出土することになったわけです。大和政権では土蜘蛛退治
を記念して、多数の三角縁神獣鏡を複製、模造し、初期の古墳に埋葬された豪族たち
の需要に応えたものと思われます。


邪馬台国のあった場所はどこか?


昨日、図書館で石野博信著、全国古墳編年集成(雄山閣出版)という本を借りて
きました。この本は全国を筑紫、筑後、長門、周防のような小ブロックに分けて、
年代ごとに古墳を紹介してあります。


この本を眺めていて、不思議なことに気がつきました。
邪馬台国九州説において邪馬台国があったとされる八女古墳群のあたりでは
6世紀初頭に例の岩戸山古墳が作られるまでは4世紀、5世紀の古墳が無いのです。
(「本2号」と呼ばれる小古墳は5世紀末に作られていますが)
また、久留米、浮羽の地域も、5世紀初頭になってから古墳が現われています。
この本では北部九州地区を筑前の糸島、福岡、宗像、遠賀の4地域に区分し、筑後を北部、
浮羽、久留米、南部の4地域に分けて考えると、宗像を除く筑前の全地域と
筑後北部は4世紀初頭から規模の小さい古墳が築造されています。一方、筑後
の北部を除く浮羽、久留米、南部の3地域では4世紀の古墳はほとんど無く、
5世紀に入り大型の古墳が多数出現しています。

これを図示すると下記のようになります。(_:古墳なし、・小古墳、●大古墳)

−3世紀−−−−−+−−−4世紀−−−−−+−−−−5世紀−−−−+
[筑前]
糸島_______・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福岡_______・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宗像___________________・・・・・・・・・・・●・
遠賀_______・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[筑後]
北部_______・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浮羽___________________●●●●●●●●●●●●●
久留米_(邪馬台国)_景行________●●●●●●●●●●●●●
南部__(邪馬台国)_天皇________●●●●●●●●●●●●●
−−−−− −邪馬台国滅亡−−新興土豪勢力成長−−−有明海貿易−−−磐井・大和に反旗−

筑後地域では北部を除いて、5世紀になって古墳が出現するとともに一気に
大古墳が多数、作られています。一方、筑前地域では4世紀初頭から小古墳が
多数作られています。

この地域は肥沃な地域で、4世紀初頭から古墳が作られても可笑しくないと
思われるのですが、なぜか古墳の出現は他地域に比べて大きく遅れているのです。
それでも、古墳が出現したら、一気に岩戸山古墳のような大きいものが出現して
います。
このことは筑後平野における5世紀の権力集中が大きかったことを示しています。
では3,4世紀にはこうしたエネルギーはどこに向けられていたのでしよう?

また、古墳の築造が大和勢力の影響下において行われた仮定すると、これらの地域に大和の
影響が及ぶようになったのは、他の地域に比べて遅れていることを意味している
のではないでしょうか。

では、なぜ、遅れることになったのでしょう? それは、これらの地域が邪馬台国
の影響下にあって、あるいは邪馬台国の中心が八女にあって(邪馬台国=後の土蜘蛛
とすれば、)大和に服従するのが遅れたためではないでしょうか?

磐井は新羅と組んで大和政権と対抗し、大和の軍勢が
朝鮮に渡るのを遅らせたため、任那を放棄することとなったと読んだことが
あります。 ということは、6世紀の磐井たち筑後の勢力は大和に対抗する勢力
に成長していたと思います。でも、磐井が滅びる時、磐井の子供は北部九州
地域にあった農地を大和政権に差し出すことを条件に助命嘆願をしています。
ということは磐井の経済的基盤の主力は農業生産にあったとも考えられます。

3世紀に邪馬台国が存在し、4世紀に景行天皇たちにより滅ぼされ、5世紀になって
新たに台頭してきた土豪勢力が6世紀になって(有明海ルートでの貿易や農業生産
の向上により巨大化し)6世紀になると大和に反抗するようになるまで成長したの
ではないでしょうか?

岩戸山古墳は石人、石馬で知られており、九州地域のいわゆる装飾古墳も大和の
古墳とはちょっと変わった文化的背景を有しているようですので、大和とは
違った地域的文化があったのではないかと思います。これは征服された邪馬台国
の文化的伝統ではないでしようか?

ということで、九州地域に邪馬台国(やめい国)があったとすれば、筑後南部
地域の可能性が高いような気がするのですが.....。八女の地図を見ていた時、八女の
東の方に「やめい」とかいう地名があったようです。その後、その地図を探して
いますが、まだ見つかりません。


以下,建設中



現在までのこのホームページの訪問者は 人です。(平成10年3月以降)