Make your own free website on Tripod.com

  今週の教祖の言葉


イラクへの空曝:砂漠の狐作戦

今朝、のんびり朝湯を楽しんでいた時、米英両国によるイラク攻撃のニュースが飛び込んで来ました。昨日、国連査察団が引き上げたと報じられていたので、もしかしたら何かあるかなと思っていましたが、ついに攻撃が開始されたのだそうです。

イラクの査察拒否の姿勢は困ったものだと思っていましたが、そうかと言って直ちに、軍事的行動にでるというのはいかがなものかと思います。 こんなことを書いてもしかたないのですが、平和憲法の精神にも反しますし、第一、「万世に太平を開かんと欲す」とのお言葉にも反しているような気がします。

現在の米国の軍事力をもってすれば、イラクに壊滅的な打撃を与えることは難しくないのではないかと思いますが、国際紛争を軍事力の行使により解決しようとする姿勢には疑問を抱きます。

前回のイラクの攻撃の直前、テレビでバクダッドの町の風景を放送していましたが、その時、町かどに数名の女子大生が立っており、「明日から試験だ」と話していました。その後、2、3日して前回の攻撃があったのですが、あの時、テレビで見た女子大生は今ではお母さんになっているのではないかと思います。 はやく平和が返ってくることを祈ります。


テポドンと在日朝鮮人

在日朝鮮人に対する八つ当たりが起こっていると言います。たとえ、人工衛星だったにしろ、わが国になんの断わりもなくテポドンを発射し、その機体がわが国の領空を侵犯したことは由々しきことではありますが、だからといって在日朝鮮人に当たり散らす等というようなことはあってはならないことです。
つい、最近も皇后陛下がテレビを通じて「橋をかける」という話をされたのを拝聴して深い感銘を受けたばかりだというのに、町で朝鮮の民族服を来た子供に八つ当たりするなど、もっての他ではないでしょうか。日本の女の子が晴れやかな和服を来て米国のパーティーに出た時、米国人からHei Jap! Remember Parl Herber! 等と罵声を浴びせられたとしたら何と思うでしょうか? 私は日本人の一人として恥ずかしい気持ちで一杯です。
北朝鮮は今は共産国ではありますが、朝鮮とわが国とは古くからのおつきあいもあることですし、お互い日本人として恥ずかしくない行動をとるよう心掛けたいものです。


東天に赤色の瑞雲が出現。


印パの核実験に続いて、北朝鮮からミサイルが飛んできました。きな臭い話といえば、防衛施設庁の役人が税金を使って、六本木から天下り先までの抜け穴を掘っていたといいます。こちらも本当に困ったことです。さらに、悪い話としてはロシアの経済危機に端を発した米国の株安にはじまり、毒入カレーに続いて、毒入のウーロン茶により死者が出てしまいました。北関東では水害が起こり、岩手山では地震が起きるなど、天地人ともに騒然とした昨今ですが、近いうちに、何か大変よろこばしい話が出てくるような気がしています。昨日の早朝、東天に赤色の瑞雲が立ちこめているのが見えました。


最近、感銘を受けたこと



戦後すぐに米国で開かれたマラソンの試合で優勝された方が最近、泥棒に入られた
という話を1,2カ月前に新聞で読みました。その方は今ではお年を召されており、
優勝の記念のメダルを泥棒に盗まれてしまったので、かなり気落ちされている様子でした。

私は、メダルだけでも帰ってくれば良いのにと思っていましたが
その後の新聞報道によれば、米国のボストンかどこかの体育連盟から、
その元マラソン選手に再度、優勝メダルを発行して貰えることになったということでした。

私は、この話を聞いた時、その元選手がメダルをとったのはもう半世紀も前の
ことなのに、この年老いた元選手のために再度、優勝メダルを発行してくれた
米国の体育連盟やこの選手の話を日本で聞きつけて、米国の体育連盟に話を持ちかけて
下さった在日米国人の心の広さに唯々、深い感銘を受けました。

最近のわが国の新聞報道は経済犯罪や少年非行など暗い話ばかりですが
米国の人たちのやさしく思いやりのある心に、この元マラソン選手だけでなく
多くの日本人が深い感銘を受けたのではないかと思います。

私たちの行動もかく有りたいものです。

インドネシアの暴動


わが国では、このところ、一段と不況感が強くなっていますが、
それでも、日常生活では平穏な暮らしが出来て、ありがたいことです。

同じ、アジアの国の中でもインドネシアではこのところ、各地で暴動が起きている
そうです。バンドンという町がジャカルタの南東の山の上にありますが、
ここは避暑地で、熱帯地域にあるにもかかわらず、とてもしのぎやすいところです。

バンドンには先の大戦において、陸軍が掘った洞窟が今でも残っています。
ここはきれいな公園として整備されていて、巨大なエンドウマメのような実がついた
藤だながあります。

陸軍がバンドンに侵攻する際に苦労して通ったプンチャック峠には
現在ではJava teaのお茶畑が広がり、のどかな田園風景を見せています。
日本で売っている缶入のJava teaもここのお茶を使っているのかも知れませんね。

バンドンはオランダ人の建設した町で、なんとなく西洋風のきれいな町ですが、
ここでも、暴動が起きているということです。

インドネシアは経済的に破綻寸前の状態で、日々の生活もますます苦しくなって
いるのではないかと心配ですが、早く立ち直って欲しいものです。

昨年2月にインドネシアを訪問しての帰り、ジャカルタの空港の売店に立ち寄りました。
その時、店員のかわいい女の子が「日本に帰られるのですか? 外国に行くのは
私の夢です」と英語で話してくれました。 私の子供の頃はわが国でも、外国に行く人は
ほとんどいなくて、「洋行」などといって珍しがっていたものです。

日本だけでなく、インドネシアをも含めたアジア全体の経済の回復を祈らずにはおれません。

汚れた下着


あなたは汚れた下着を着ていませんか?
もし、そうなら洗濯した清潔な下着に着かえる必要があるでしょう。

あなたの心は汚れていませんか。
そんなことはないとは思いますが、もしそうなら、心もきれいにする必要があるでしよう。

下着は脱いで洗濯機にかければすぐにきれいになりますが、
心を取り出して洗濯機にかけることはできませんので、「心の洗濯」はちょっと難しいのです。

あなたなら、どうやって「心の洗濯」をなさいますか?
日常生活の中で、どんな所で「心の洗濯」ができるかについてよく考えてみてください。

あなたの周りにもきっと心を洗濯する場所が用意されているはずです。
あなたの心がきれいになれば、あなたの世界は必ず幸せな世界になります。

少年犯罪と情操教育


少年犯罪が多発していますが、日本の未来を担うべき青少年の問題だけに
本当に困ったことです。

現在の学校教育では受験に焦点をあてる傾向があり、勉強についていけなくなった
子供達は置いてきぼりにされたり、邪魔者扱いされているのではないでしょうか?

一方では、受験戦争の最終勝者とみなされる___大学の卒業生の中の、その又エリート
ともいえる__省の役人たちの中には「___接待」が蔓延しているということで、
まったく困ったことです。

接待好きの役人たちのことはさておき、犯罪に走る青少年の問題はどうにかならない
ものでしょうか?

この問題の解決方法の一つとして、私は、学校教育の中にいわゆる「勉強」だけでなく、
もっと「情操教育」を取り入れるべきではないかと思います。
中学、高校でも「花」や「ハーブ」を栽培する時間をとるとか、学校で「犬」を飼ったりして、
みんなで放課後に運動させるなどして、生き物に触れさせ「生命の尊さ」を身をもって
感じさせることが必要ではないかと思います。

学校で「犬」を飼ったり、小学生のように「植物」を育てたりするのは、ちょっと変な感じ
もしますが、少年犯罪を防止し、健全な社会人をつくるためには、すこしやり方を変える
必要があるのではないでしようか?

学校の先生も生徒をしかるだけでなく、ほんのちょっとしたことでも「なかなかうまいじゃないか」
とか「やればできるじゃないか」などと、時々、「バカども」を褒めてやることが必要だと思います。

そうしたことがきっかけとなり、小さな心に自信が出来て、思わぬ良い方向に育ったりするのでは
ないでしょうか?

勉強なんか出来ても出来なくても大人になってしまえば、それほどの違いはないわけですから
心やさしい大人になれるよう、みんなで暖かく守ってやれないものでしょうか?

戦争回避の努力は出来ないものか?


わが国では例の「○○○○シャブシャブ」の報道が一段落して、最近では長野五輪の話題で
華やいだ雰囲気になりつつありますが、CNNの報道によると、米国では「国連の武器査察に
端を発した危機を解決するための外交努力が失敗に終われば、イラクに対し実力行動
にでる用意をしている」と伝えています。

またもや、湾岸戦争のような大作戦が展開されて、多くの人々の命が失われ、湾岸地域の環境
破壊が繰り返されるのでしようか?
イラクにはイラクの言い分があり、米国には米国の言い分があろうとは思いますが、直ちに
軍事行動にでるのではなく、もう少し、真剣な話し合いは継続出来ないのでしょうか。
一昨年、渡米した際には米国の方々はとても親切で、次の世代の日本人はこうした米国人
のようにならなければいけないと思いましたが、今回の兵力展開に至る様子を見ていると同じ
米国人がやることとは思えません。

「戦争を始めるのは難しいが、終えるのはもっと難しい」というのは先の大戦における
某海軍軍人の言葉です。あれから50年、高度に近代化した戦力を有する今の米軍にとっては
「戦争は始めるのも終えるのもたやすい」ということだと思いますが、安易に戦争を始める
のはやめて欲しいと思います。

米国はあらゆる手段を使って話し合い、「負けて勝つ」の大きい心をもって恒久的な
世界平和を目指してこそ、真に世界のリーダーとなることが出来るのではないでしょうか。

明けましておめでとうございます。


全国の皆様、明けましておめでとうございます。
今年のお正月は暖かいお正月となりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

絶対極楽教の教祖として、皆様のご健康とご家運の進展をお祈り致します。

ここ、数年暗い世相が続いていますが、それでも、わが国がこの100年間に
直面した困難な歴史に比べると、極楽の道を歩いていて小石につまずいた程度
のものといえるのではないかと思います。

1998年の年初めに当たり、先人の労苦をしのぶとともに、将来の発展を期したいと思います。
今年も、多くの困難が予想されますが、心を引き締めて、
難局を克服し、以って大願を成就されることをお祈り致します。

簡単ではございますが、これをもって新年のご挨拶に換えさせて頂きたいと思います。

困難克服の祈り


新聞報道によると25日の日銀特融の残高は山一証券向けが8000億円、北海道拓殖銀行
向けが1兆9000億円だそうです。

私は経済面に疎いので,確かなことは分かりませんが,山一も北拓銀も
組織としては今後存続しないわけで,その会社に融資をしても返済の
目処はたたないのではないでしょうか?(今の状況では融資が必要なことは 理解できますが......

山一や北拓銀の社員やそのご家族のことを考えると,3兆円のお金で景気対策
を打ち出していたら,もしかして,会社がつぶれてしまうような事態には至らな
かったのではないかと残念です。

それにしても,山一や北拓銀の関係者の方の今後のご生活はどうなるのでしよう。
がんばって欲しいと思います。
先の大戦は未曾有の国難でありましたが,それに打ち勝って今日の日本を築く
ことができたわけですから,いま一段の努力と忍耐により,必ず今回の経済的
困難も克服できると信じています。

一日も早く景気が回復して,また明るい世相になることを祈らずには
おれません。

竹島の上陸用施設


新聞報道によると韓国は竹島に上陸用施設をつくったということです。

韓国は戦後,大きく発展し,博多や秋葉原を歩いているとハングルの
案内や宣伝文も多く見られるようになりました。
アジアは韓国,香港,シンガポール,台湾,タイ,マレーシア,中国と
発展段階は各々の国ごとで異なりますが,おおいに繁栄しつつあります。

21世紀にはアジアがますます発展し,戦争のない経済的にも恵まれた
地域になるように祈らずにはおれません。

竹島については,私は竹島を巡る歴史的事実から議論することが必要であると
思いますが,韓国の主張もよく聞いて双方,納得のいく解決方法を模索する
必要があるのではないでしようか。
一つの小さな島を巡って感情的な対立を生むことがないよう
そして,戦争で疲弊したアジアの諸国が21世紀には真に豊かな国々に
発展するよう祈らずにはおれません。

インドネシア・ラヤという言葉がありますが,私は大アジア・ラヤと
叫びたいと思います。

犯罪被害者の実名報道とわが国の後進性

豪州で日本人の若い女性が殺害されました。
この事件に関連して,わが国の報道機関は被害者の実名,写真付で
連日,報道を続けています。
ワイドショーでもNHKでも全く同じ報道形態です。
被害者の女性とその家族はこうした災難に巻き込まれただけでも
不幸なことであると思いますが,連日繰り返される報道を何と思われているでしようか。
私はこうした面でもわが国にはまだまだ後進性が残っていると思います。

わが国の国民は戦後,ある程度裕福にはなりましたが
戦後の教育方針のまずさからか,微分積分や歴史の年号は覚えても
人の心を思いやるということの出来ない多くの人達をつくることになってしまいました。
最近,多発している凶悪犯罪や経済事件も,自己中心的な戦後教育の
劣等生共と優等生達により引き起こされているとも考えることができましょう。
21世紀の日本が真に豊かな国になるためには,このあたりで何か考え直す
必要があるのではないでしょうか。
あらためて,豪州で殺害された女性の方のご冥福をお祈りします。

北朝鮮に食料を送ってやれないものでしょうか


新聞報道によると,北朝鮮では多くの子供たちがやせ衰えて餓死している者もいるそうです。
豊かな日本のすぐ隣にある国でこんなひどい飢饉が起きているとはちょっと想像
できませんが,テレビでも,以前,手足の痩せ衰えた子供の映像を映していましたし,かなり
厳しい状態にあるのではないかと思います。
人道的支援などという欧米の翻訳言葉によってしか,隣国の飢饉への対応
を考えることができないとしたら,情けないのではないでしようか。

以前,私の住んでいる町にあった朝鮮人学校の子供達が私の子供の
小学校の学芸会に友情出演して,頭の上で色のついた紐をクルクル回す踊りや
曲がった棒でつづみのような太鼓を叩きながら舞う踊りを見せてくれたことがあります。
日本が北朝鮮に食料援助をして,いつか将来,そのお返しにでも民族舞踊団が
来日し,またあの踊りを見ることが出来ればと思います。

政治的には色々と難しい問題もあろうかとは思いますが,腹をすかせた隣国の人達のために
米や食料を送ってあげるのが人としての道ではないかと思います。
飢饉に苦しむ隣国の人々のために,少しでも食料を援助してあげることはできないでしようか。
送る方法がないなら,樽に米を詰めてでも,日本海に流してやりたいと思います。
御製にも「よもの海みなはらから.....」とあります。

横井庄一さんが亡くなられました。

終戦を知らずにグァム島の穴の中に28年も隠れておられた
横井庄一さんが昨日亡くなられました。
不思議なことに,昨日は妻が映画を見にいきましたが,
私は食事をするために外出するのが面倒だったので,家で昼食をとらずに
妻の帰りを待っていました。
3時ごろ,やっと帰った妻に,私は「グァム島の横井庄一さんのように
ハラペコだよ。」と言ったのでした。
何という,偶然でしょう。
私は,30年程前にも,家の襖の模様が東京オリンピックのマラソンの選手だった
アベベの顔に見えたことがありました。
そして,その日のニュースでアベベが亡くなったことを知ったのでした。
苦労して昭和の時代を生き抜かれた横井庄一さんのご冥福をお祈りします。

米空母ニミッツが横須賀に入港しました。

米空母ニミッツが横須賀に入港しました。
横須賀の米軍基地は陸側からは見えにくい場所にありますが,
一般公開されたこともあって,何と2万人もの人々が見学にいったそうです。
私は20数年前に,横須賀の米軍基地で食事をしたことがあります。
その時の部屋は書院造りの和室にカーペーットをひいてテーブルセットを置いた
なんとも奇妙な作りの部屋でした。
それにしても,空母の名前はなんとかならないものでしようか。
ミッドウェーがやっと退役したと思ったら,今度はニミッツですか。
もし,自衛隊の艦船が遠洋航海か何かで米国の港に入った時,
その船の名前が"Tohjyo"や"Nagumo"だったら,米国の人達は何と
思うでしょうか。
昨年,渡米した際には西海岸でもNYでも,多くの見ず知らずの方が
とても親切にして下さいました。
アメリカ人は親切な方が多いので,米国はとても良い国だと思いますが,軍艦の名前だけは
何とかならないものでしょうか。
名前といえば,最近よくテレビなどで使われている「いわゆる日本人妻」
という呼称も何とかして欲しいものです。 私だったら「北朝鮮に渡った日本人女性」とか「国際結婚して北朝鮮に住んでいる日本人女性」
という風に呼びたいと思います。
皆様はいかがお考えでしょうか。

悲しかったダイアナさんのニュース

八月最後の日曜日は朝,町内会の廃品回収に出て,何百というビールの
空き缶を足でふんづけて潰すお手伝いをしました。ヘトヘトになって家で休んでいると
タイアナさんがパリで交通事故に巻き込まれたというニュースが入ってきました。
はじめは自力で脱出できたということでしたので,手足の怪我で済んで良かったと
思っていましたが,すぐに,続報が入りました。
ふだんは「人間はいつかは死ぬ」などと言っている私ですが
ダイアナさんの事故死のニュースを聞いて悲しい気持ちになりました。

日英は先の大戦ではお互い敵国同士でシンガポール,海戦(プリンスオブウェールズ撃沈),ビルマと
各地で戦戈を交えましたが,最近では,ダイアナさんが英国の皇太子妃として3回も日本をご訪問になり
日英親善の象徴ともいえる存在でした。
私はいまでも水玉模様のドレスで天皇陛下に挨拶をされた時のテレビ報道を思い出します。
多くの日本人の心に美しい思い出を残してくれた
ダイアナさんのご冥福をお祈りします。

(英国皇室を離れられた後のダイアナさんのご称号は奇しくも
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズでした。)

キチンとしてね。放射性物質の管理

またまた,動燃@科技庁がやってくれました。動燃はドウナッテンネンと言いたい。
低レベルとは言え,きわめて危険な放射性物質のズサンな管理をしていたばかりではなく,
報道によると,5年間にわたって虚偽の老朽化対策を概算要求し,
総計10億円もの国費を騙しとっていた罪は許されるものではありません。
動燃と科技庁は国民の血税を何だと思っているのでしようか?
予算を流用していた者どもは即刻,免職に処すべきであるとおもいます。
会計検査院も何を検査していたのでしょう。
国家の予算を組織内で勝手に流用するなど聞いたことがありません。
余罪を追及して,この際,ウミを出しきるべきではないでしようか。
このニュースはCNNでもトップで扱われていましたし,これはもう国辱ものです。
放射性物質で汚染した内部の水は排水したこともあるといいますが,
まさか,捨ててしまったのではないでしょうね。
先祖より護り伝えられ,私たちの子孫に引き継がねばならないかけがえのない国土を,
ズサンな管理により,放射能汚染するようなことがあったとすれば,
これはもう国賊としかいいようがありません。
うそとデタラメで固まった動燃と管理能力のない科技庁はこの度の行革で解体して頂き,
必要な業務は資源エネルギー庁にでも移してキチンとした管理をして頂きたいと思います。
国民の一人として関係者の猛反省を促し,再・再発(?)の防止を望みます。

平和行進に参加しました

 教祖は平和行進に参加しました。歩いた距離はさあどの位になるでしようか。
広島県の仁方町から坂町まで,呉線ぞいに2日間,歩きましたので,約40kmほど
歩いたものと思います。日頃の修練不足がたたったためか,坂の町についた8月1日の
夕方にはクタクタになってしまいました。私たちの行進と抜きつ抜かれつするようにして
日蓮宗のお坊さんも行進していらっしゃいました。
今でも平和を祈る太鼓の音がトントントントンと耳に響きます。

 8月は終戦記念日のある月です。今日の平和な日本が生まれるまでに,わが国だけでも
300万人もの尊い命が失われ,アジアの人々には塗炭の苦しみを与えてしまいましたが,
このことは皆様も良くご存じのことと思います。

 私は今日のこの平和な日本に生きるものとして,戦争でなくなられた
多くの方々の心の無念を思い起こし,この平和をまさに「万世」に伝えて行かねば
ならないと思います。あらゆる核兵器の廃絶をめざすことはもちろん,
地雷などの兵器をアジアの国々に持ち込んで戦争の悲劇を繰り返すことは
絶対に止めさせなければなりません。こうした行為を行うものは,たとえ個人的には
敬虔なキリスト教徒であろうとも「最後の審判」の際には必ず地獄の底に落ちてしまう
ことになるのではないでしょうか。
皆様とともに恒久平和を祈りたいとおもいます。

  教祖,滝に打たれる


      今年も,暖かくなってきましたが,教祖は夏になると滝に打たれます。
      その滝は「小滝」という名前の高さがほぼ30m程の滝で水量は普段はそう多くありません。
      それでも岩壁に囲まれた滝壷の前に立つと,連続して落ちて来る水は
      もの凄い迫力です。
      滝壷の中に立つと,水煙が周囲に広がり,落ちてくる水の中に入ると
      頭や肩にドドッという水の圧力を感じます。
      滝から上がると全身ずぶ濡れですが,
      そのまま30分程歩いて家に帰ります。
      そして,ちょうど家に着くころには水も乾いているのです。

      不況の長期化とともに,多くの経済犯罪や凶悪犯罪が
      多発していますが,
      ほとんど犯罪らしい犯罪が無かった昔のようにはならないものでしょうか。

 

教祖は広島の縮景園で開かれた田植えの茶会を楽しみました。
縮景園は旧浅野藩の庭園で,この時期には庭園内に菖蒲や紫陽花が咲いています。
園内の奥の方にある小さな田んぼで,新庄花田植えの踊を鑑賞した後,
清風館に入ってお茶を楽しみました。
清風館の南側の間には「虎は風に従い,龍は雲に従う」と書かれた
大きな額がかけてあります。
雄大で私の好きな言葉の一つです。
ここの小間では高松の宮様もお茶を楽しまれたことがあるということです。
水指が志野の平水指でしたので,何となく涼しさを感じました。
障子が開け放されていましたので,お庭の光が広間に入って来て
とても気分良くお茶を頂けました。
限りある人生ですので,有意義に生きたいものです。